健康を考える(ナイチンゲールの教え)

伝記で有名なフローレンス・ナイチンゲール(1820生~1910没)は、イギリスの看護師でした。クリミア戦争(1853~1856)では、英国軍の野戦病院で、統計学と科学的根拠に基づいた看護を行い、死亡率を大幅に改善する看護効果を上げたことで知られています。

著書の『看護覚え書』(1860)は、現在の看護にも大きな影響を与えており、フローレンス・ナイチンゲールは「近代看護の祖」とされています。
その著書に書かれた、怪我や病気の患者が健康を取り戻すために病院に求められる13の項目の中の5つは、皆様の住まいと共通する重要なポイントと申し上げていいでしょう。

  1. 1.換気と暖房…換気・断熱・調湿。
  2. 2.住居の健康…きれいな空気と採光。
  3. 3.物音…外からの騒音と屋内の音。
  4. 4.陽光…日差しが入り込む家の向きと、間取りの設計や窓の配置。
  5. 5.部屋と壁の清潔…ほこりが立ちにくい壁にすること。

亜晃豊建は、この5つ全てを解決してくれるスーパーウォール工法を採用しています。

LIXIL スーパーウォール工法の特徴をご覧ください