ニャン晃豊建ブログ ハウスメーカーの営業マンが話さない賢く家を建てるある秘訣とは。

先行き不安な主婦、女性たちへ… vol.5

忙しい日常から離れる時間をつくり、

普段では味わえない別世界の空間に足を運び、

自分磨きをしてきました。

 

こんにちは。

棟梁の小山と妻の志穂です。

人生は、一生勉強ですね!

お客様により良いご提案をして喜んでもらいたい!

という想いから、芸術の折りに触れ、

建築のヒントになるものはないか?

物事の見方、考え方のヒントはないか?

心を無にして感性を磨いていきたいと考えています。

 

「そろそろ戸建て購入を考えようかなぁ」

でも、右肩上がりの収入が期待できない時代に、

「教育費どうしよう…」

「収入が下がったらどうしよう…」と、

あれこれと考え過ぎて、

マイホーム購入に二の足を踏んで、

先行きが不安になってしまう主婦や女性たちも少なくないように思います。

 

そういう先行き不安な主婦・女性たちは、
人生や家づくりの資金計画をどのように考えたらいいでしょうか?

不安になるのは、先を見通していないからです。

人生でいつ、どのくらいお金があれば事足りるのかが分かっていないから、

貯蓄をいくらしても不安になるのではないでしょうか?

逆に、「この先の人生でいくらあればおおよそ大丈夫だから、

じゃぁ今のライフステージならこのくらい使える」と考えていけば、

メリハリのついた節約・お金の使い方ができるのではないでしょうか。

例えば「定年まであと何年で、それまでの年間収入はこれくらいになりそうだ。

その中で生活費はいくらくらいかかり、

何年先に子どもが入学していくらくらいかかる。

リタイア後までに夫婦で例えば2000~3000万円くらい貯めて…」

といった感じで、人生のキャッシュフロー表を作成してみる。

まずは細かいことは必要はなくて、ざっくりとでいいんです。

こういうことが少しずつ分かってくれば、

住宅費についても、家賃・更新料などで現在払っている分を

マイホーム購入にこのくらい充てても大丈夫…

ということが見えてくるでしょう。

 

目先のお金のことを考えるのは得意かもしれませんが、

長いスパンでお金のことを考えるのは苦手な主婦や女性も

多いのではないでしょうか?

なるほど!言ってることはわかるけど、

なかなか自分には難しい~という方は

ファイナンシャルプランナーにご相談されることをおすすめします。

もちろん自分で計画を立てられる方はそれに越したことはないですが、

弊社にも専属のファイナンシャルプランナーがおりますので、

お気軽にご相談ください。

先行きの不安が解消されたら、

夢のマイホームづくりに集中して取り組むことができますよね!

次回は、『住宅ローン』のことについてお話していきますね。

 

もし、何か聞いてみたいことや悩んでいることなどあれば、

お気軽に電話かメールでお問い合わせくださいませ。

電話の場合は、0774-28-0385 担当:小山まで。 

メールの場合は、お問い合わせはコチラ

女性スタッフもおりますのでお気軽にどうぞ!