ニャン晃豊建ブログ ハウスメーカーの営業マンが話さない賢く家を建てるある秘訣とは。

『何のために家づくりをするの?』 vol.3

こんにちは。

小倉大好きクラブ(まちづくりの会)の仲間と

農作業を楽しんでおります!

一番手前左側が私、棟梁の小山です。

 

この畑は、まちづくりの一環として、

地域の大人と子どもが農作業を通して交流できる場として、

活動をしています。

大自然の中、気持ち良さそうでしょう! 

 

あなたは、『何のために家づくりをするの?』 

そう聞かれて答えられる方は少ないのではないでしょうか?

一番多い 答えは、

「家賃を払うくらいだったら住宅ローンの方がマシ」

というものです。 

もちろん、「家賃と住宅ローンのどちらの方が損か得か?」

という発想は、大きな買い物においては外せない要素です。

しかし、このような動機が、

第一優先になると思わぬワナに陥ってしまう可能性があるのです。

 

「家賃と住宅ローンのどちらの方が損か得か?」

を第一優先に住まいを手に入れた人たち

100組近くのアンケート結果です。

「1年ほど経つと家に対する愛着が薄れてきた」


「住宅ローンのストレスが思ったよりも大きくて正直不安が高まっています」


「家は帰って寝るだけの場所という感覚ぐらいしか無いです」


「『どう暮らすか?』をあまりイメージしていなかったので

家具の置き場もしっくりしなくて、後悔しています」


「『どこに何をしまうか?』などあまり考えていなかったので、

収納がうまく出来ず困っています」

など、ネガティブに答える人が8割近くにも上りました。

 

家を手にいれる時に、

「損か得か?」が決め手になり、

他の動機はあまり考えなかったといいます。

幸せを形にするために手に入れた家だとすれば、

これでは本末転倒です。

 

『何のために家づくりをするのか?』

・地震や災害に強い家づくりで家族を守るため。

・緑の多い環境でのびのび子育てをするため。

・親と同居をするため。

・老後に夫婦二人がゆったりと豊かに暮らしたい。

・アレルギーの子供を自然素材の家で育てたい。

・趣味を活かせる間取りにしたい。など。

 

実際にテーマを話し合ったご家族の声は、

「今まで、そういったことを考えたことが無かったけど、

家族で真剣に話し合うことで、家づくりに深みが増した」

「『どうして、そこまで考えなきゃいけないのか?』と思ったけど、

ここがはっきりしないと家づくりで混乱してしまうのがよく分かった」

など、家づくりを共にさせていただいたご家族のほとんどから同様の感想を頂いたからです。

 

この大テーマを決めておくことで、

今後、土地を探すときや建築会社を探すとき、

間取りプランを考えるときなど、

迷った時に決断するための判断基準になってきます。

そうすることで、ブレのない・悔いのない家づくりが出来るようになるでしょう。

あなたは、『何のために家づくりをするの?』

 

次回は、『一番大切なこと!お金のこと』

をお話していきますね。

 

もし、何か聞いてみたいことや悩んでいることなどあれば、

お気軽に電話かメールでお問い合わせくださいませ。

電話の場合は、0774-28-0385 担当:小山まで。 

メールの場合は、お問い合わせはコチラ

女性スタッフもおりますのでお気軽にどうぞ!